伊勢原を愛してやまないバスティフキンが気になるあの人この人を訪問してきました。
降り立った先に待っていたのは楽しい出会いの連続。
いざ停車〜!

童謡のこころを描き続ける画人

看板制作/画家・詩人「芝工芸社/ギャラリー芝」
芝山勇夫さん

IMG_7656

毎年盛り上がりをみせる「伊勢原道灌まつり」のポスターを手がけたこともある芝山さん。伊勢原の土地や人々の心を彩り続けています。

私は山に囲まれて育ったから、周りに山がないと落ち着かないんですよ(笑)。出身は山梨県なのですが、38歳のときに新天地を求めて、どこか良い場所はないかと小田急線に乗ってぐるぐる探し回ったんです。そのときに大山のかっこよさに惹かれて、伊勢原に決めました。私は茅葺き屋根のある風景が大好きでよく絵に描きますが、伊勢原にも昔はたくさんあったんですよ。伊勢原は中心地からちょっと入ると田園風景が広がっていて、野菜も果物も新鮮ですよね。
10年ぐらい前から絵に添える詩も書くようになって、「丹沢大山詩の会」に所属しているのですが、詩の会では「みんなが先生 みんなが生徒」をモットーに、自作詩の朗読会をしたり、
流れる雲を見たり川のせせらぎを聞きながら
自分の詩や心にひびいた詩を語り合い、
年に一度は伊勢原市民文化会館のホールで発表をしています。会長の岡本さんは太陽のような方で、会の原動力です。
会員のみなさんも心がキレイでステキな方々ばかりです。なかには

長野や新潟の方などもいて、私が個展を開くときには市外から駆けつけてくれる方もいます。
今は日本各地のふる里の風景を描いていますが、伊勢原が好きなのでこれからもずっと伊勢原に住み続けていくつもりです。

fan-head
  • 伊勢原の好きな場所は?
  • 萱葺き屋根がある「日向」の風景。
  • 伊勢原のおすすめの食べ物は?
  • 柿、ぶどう、みかんなど、新鮮な果物や野菜。

sakuhin01

「思い出の里」 日向 1961年春(伊勢原・春夏秋冬絵はがきより)
生き生きとした青葉が太陽の光と大地の恵みのままにみずみずしく茂り、耳をすますと、生命の空に向かって伸びゆく音が聞こえてくる…(芝山ISAO)

sakuhin02

2月 如月 「春を迎えに」(小稲葉)(伊勢原・春夏秋冬絵はがきより)
沢山の夢をみていた。冬芽の中の春、おずおずと顔を出すふきのとう。ひときわ大きくふくらんだキブシの花房が垂直に下がって重りでもつけているかのように見える。子供たちは春を呼びに笑いながら駆け抜けて行く…(芝山ISAO)

IMG_7692

大山にあった飯屋の風景を描いた行灯(あんどん)(芝山ISAO)

IMG_7640

絵に描かれた風景、添えられた自作の詩、花びんに活けられた野花、棚に飾られた稲穂や野菜……、それぞれがそっとそこにあって、私たちをやさしく迎えてくれます(2014年「ふる里を旅して 芝山ISAO絵画展」にて)

ギャラリー芝 芝山ISAO
〒259−1131 神奈川県伊勢原市伊勢原1-18-12
TEL:0463−94−4055
※個展は不定期で開催

丹沢大山詩の会 
会長 岡本昌司(元熱血教師)

〒259-1126 神奈川県伊勢原市沼目 4-18-2

TEL :0463-94-9303

※会は2・4・6・8・10・12月の第2日曜日。
年会費3,000円。
会場はその都度お知らせします。